舐め犬掲示板で会った清楚系SEにクンニ

 ある秋の夜,日曜日。突然舐めたい衝動に駆られる。ふとネットの掲示板をみていると,舐め犬を探している方を発見。アドレスを書き込んでみると,返信が。自己紹介もそこそこに,これから会いましょう!と打診してみます。
 するとまさかのオッケー(笑)車で30分ほどの場所に向かいます。向かっている途中で,携帯に「やっぱり今日はやめたい。最初はお茶とかにしたい。」とのメールが届く。「来て会っちゃうと断れないから。前にそれで全然写真と違う人が来て嫌な思いしたので。」
とのことです。うん,すごくわかります。そういうことってありますよね。けど会ってから断ってくれても全然構わないし,お茶だけでも可能ですと伝え,結局一度会ってみることに。
 さて,待ち合わせの駅に到着です。メールによると花柄のカットソーを着ているそう。しばらく探していると,それっぽい方がいました。初めましてとご挨拶です。自己紹介では少しぽっちゃりと言っていましたが,普通体型です。肩までの黒髪がきれいなOLさんといった感じ。
聞いてみるとSEをしているそうです。少し立ち話をしながら自己紹介。
「なんか普通そうな人で良かった^^」
と安心して頂けたみたいです。
「なんか若くない?(笑)」
とも。僕は31才なのですが,ぱっと見だと20代前半くらいに見られることもしばしば。もう少し貫禄が欲しいんですがねぇ(笑)
 信用してもらえたようですので,じゃあホテル行こうか?と近くのホテルまでブラブラ向かいます。話を聞くと,こういったネットで会うのは4人目くらいだそうです。そのうちの1人は舐め犬活動などで有名な方にメールしてプロ?に舐めてもらったそうです。へー,と感心しながらホテルに入ります。
 さて,ホテルに着くとすでに時間は23時を過ぎています。さっそく優しく抱き寄せてキスから。しばらくキスをした後,徐々に服を脱がせながら,全身をチュッチュ舐めていきます。反応を見ながら舐め舐め。もっと舐めていたいですが,時間がないため乳首まわりから乳首に触れるか触れないか微妙な舌使いで攻めていきます。
「はぁ・・・」と思わず彼女の息が漏れてきます。さて,いよいよ下半身へ。シャワーも浴びていないです(笑)ゆっくりと下着を脱がすと芳醇な香りとともに,べちょべちょに濡れたあそこが。まわりを舐めて焦らしながら,徐々にクリをかすめる程度に舐め舐め。「あぁ!んっ!」とのけぞるように感じる彼女。広げた脚もびくんびくんしています。ソフトに穴からクリまで舐めあげたり,クリを皮の上からレロレロしたり,そのたびに「あんっ!気持ちぃ!ん!」と感じてくれる彼女。
 数十分舐めたでしょうか。反応も高まってきたので,クリを重点的にチロチロ舐めると,段々と声が変わってきました。
「あー!そこっ!やだ!イッちゃう!イク!」
と全身をビクビクと痙攣させながら絶頂に達します。
 痙攣がおさまった時には,「ねぇ?入れて?我慢できない・・・」とトロンとした目で見つめてきます。あれ?挿入はNGって言ってたのに・・・。ゆっくり挿入していくと,また大きな喘ぎ声が続きます。お互いに思いっきり抱きしめ合いながら絶頂へ。はぁ・・・気持ちいい・・・
 帰り際に,「なんでそんな気持ちいいの?どこで修行したの?」
と聞かれました。修行はしてません(笑)
「また舐めて欲しい。今度家に遊びに来ていいから^^」
とまた会う約束もして,お別れしたのでした。帰ったのは深夜・・・次の日の仕事は地獄でした(笑)。
※本記事に使用されている画像はイメージです。本記事とは一切関係がございません。