女性に好かれるセックスの手順,クンニの順番とは その3

 その2の続きです。

5.いよいよクンニ

 さて,ついに本番がやってきました(笑)。いよいよクンニの始まりです。ここでまず間違えてはいけないのは,先におまんこに手で触れてはいけないということです。何度も書きますが,先に強い刺激を与えてしまうとすぐに感覚は麻痺してしまいます。何事もはじめはソフトに,徐々にハードには鉄則です。
 さて,クンニで重要なことは過去の記事「女性に喜ばれるクンニ,嫌われるクンニとは」にもありますが,舐める強さ,舐める時間,舐め方,の3点に集約されます。今回は特に,舐め方のうちの舐める順番について重点をおいて紹介していきたいと思います。

舐める順番

 クンニにおいて,舐めるポイントは大陰唇,小陰唇,膣,クリトリスの大きく4つがあります(人によっては,アナルも加えると効果的です)。もうここまで読んできた方はわかるかと思いますが,舐める順番は鈍感な部分から敏感な部分に進めていきます。ほとんどの女性にとってクリトリスは1番感じる部分です。ここまで全身を愛撫して,感覚が敏感になってきたところで,さらに焦らして焦らして女性の興奮を高めていきましょう。

(1)大陰唇を舐める

 いわゆるビラビラの更に外側の部分です。まずはここを下から上に舐めあげたり,キスをして吸ったり,チロチロとくすぐるように舐めたりします。

(2)小陰唇を舐める

 いわゆるビラビラの部分です。こちらも敏感な部分になります。優しく舐めあげたり,軽く唇で挟んだり,丁寧に刺激をしていきましょう。特に,小陰唇と大陰唇の間の溝の部分は非常に敏感な部分になっています。きれいに掃除するような感覚で,溝に沿わせて舐めてみるのも快感に繋がります。かなりの性感帯ですよ^^

(3)膣を舐める

 膣はかなり敏感な部分になります。こちらも丁寧に優しく刺激をしていきましょう。こちらも下から上に舐めあげたり,キスをしたり,愛液を音をたててすすったり,いやらしい感じを演出していき,クリトリスの愛撫への期待を高めていきましょう。膣に舌を入れるのは,僕はおすすめしませんが,相手によっては効果的です。

(4)いよいよクリトリスを舐める

 散々焦らして焦らしていやらしい気持ちが高まったと感じたら,いよいよクリトリスを舐めます。ここでも基本は優しくじっくりねっとりです。既にかなり感度は高まっていますので,少し触れただけでも快感に身を捩らせるはずです。具体的な舐め方に関しては,過去の記事「女性に喜ばれるクンニ,嫌われるクンニとは」をご参照頂ければと思います。

舐める強さ

 鉄則は優しくじっくりねっとりとが基本です。触れるか触れないかの微妙な強さが基本になります。また,水分がないままに舐めてしまうと擦れて痛いと感じることもあります。愛液を巻き込んで舐めるか,たっぷりの唾液をつけて,あまり摩擦を感じさせないように常にぬるぬるの状態で刺激をします。世の中のクンニは強すぎる,と不満を持っている女性は少なくありません。

舐める時間

 これは長ければ長いほど良いでしょう。できれば30分以上は舐めて欲しいところです。数分程度では口には出さないまでも,物足りないなぁと女性は感じているはずです。女性は徐々に徐々に心とカラダの快感を高めていく生き物です。1時間もクンニの快感を味わってしまったら,もう普通の男性では満足できないようになってしまうかもしれません。
 さて,ここでは舐める順番に重点をおいて紹介をしました。大陰唇→小陰唇→膣→クリトリスというのが正しい順番です。この順番で焦らしながら舐めるのが1番快感が得られるというのが結論です。ぜひこの順番を守って女性に好かれるクンニを実践しましょう。
 さて,実はセックスはまだあります(笑)。舐め犬の僕が紹介するのもなんですが,手マン,挿入など次のセックスの手順も鉄板の手順を紹介したいと思います。
その4の最後の記事に続きます・・・