恥ずかしがり屋さんの大学生処女をクンニして,クンニに目覚めさせた話

 ある日の休日。昔知り合った女の子とラインでやりとりをしていた時のこと。ふとしたきっかけで恋愛の話になり,彼氏がなかなかできないという悩みを聞く。よくよく聞いてみると,彼氏はいたことがあるが,まだ処女で,そのことがコンプレックスになっているらしい。前に彼氏はいたが,痛すぎて挿入ができず,処女喪失には至らなかったとのことである。
 オナニーもほとんどせずに,まだイクという経験もないようだ。彼氏にアソコを触られても,なんだかよくわからなかったそう。
「まずは気持ちよさを覚えるほうが良いよ。良かったらアソコ舐めて気持ちよさを感じてみない?(笑)」
と,冗談半分で聞いてみると,なんと相手も興味津々で乗ってきてしまう(笑)。あれよあれよと言う間に待ち合わせの日時を決めて,会うことに。
 待ち合わせ当日。久しぶりに見た彼女は少し垢抜けた雰囲気で,恥ずかしそうな笑顔を見せて現れた。少しギクシャクした会話だが,それが新鮮さを感じさせ,いい感じに興奮を誘う。早速約束通りホテルへ入る。
「どんな気持ち?」
と,尋ねると,
「あんまり慣れてないから緊張する・・・。」
と,はにかみながら,照れ笑いをする姿が可愛らしい。
 優しく手を引いて,キスをする。僕は丁寧に丁寧に彼女を割れ物を扱うように丁重に扱う。彼女の全身を丁寧に口で愛撫していく。彼女の顔は真っ赤になっているが,口からは微かに喘ぎ声が漏れ始めている。いよいよ下半身だが,ここで少し大胆に,彼女の足をM字にして,下着を丸見えにする格好に。処女だが,綿の可愛らしい下着が,しっかり濡れている。僕はその下着の濡れている部分に鼻をつけ,思いっきり嗅いでみる。その子は恥ずかしがって
「やだぁ・・・。」
と力なく声を漏らしている。処女だけど,しっかりケアをしているようで,無臭である。下着越しに愛液を口に含むと少ししょっぱく,こちらも興奮を隠しきれない。
 いよいよ下着を脱がせるが,まだ直接は舐めない。まずはアソコの周りから充分に愛撫していく。アソコが丸見えになり,彼女は一層恥ずかしがって,手で顔を覆ってしまっている。ビラビラは程よく発達しており,いやらしくぬらぬら光っている。もう我慢ができなくなり,優しく穴からクリへゆっくり舐めあげる。ビクッと腰を反らし,同時に今までで1番大きな喘ぎ声が漏れる。
「なんか気持ちいい・・・。」
と,素直に感想を聞かせてくれた。優しく舐め続けていると,段々と性器が開いて,中が丸見えになってきて,処女膜が見えてくる。時折舌を穴に挿れたりして反応を伺うが,あまり中は感じないようだ。処女だからそりゃそうか,と思いクリを重点的に攻めることに。無理は禁物なので,ゆっくり優しく反応を見ながら色んなバリエーションで攻める。40分くらいしたころだろうか。真っ赤な顔がさらに快感にゆがみだし,握っていた手に徐々に力が入ってくる・・・段々とイク気配がしたため,僕はペースを落とさず少しだけ刺激を強く,早くし,クリを攻める。
「・・・っ!」
と無言で顔をゆがめて,全身をビクビクさせる彼女。どうやらイッたらしく,手で僕の顔をアソコから遠ざける。
「なんか,すごい気持ちよかった・・・イッたのかな?クンニって気持ちいいんだね・・・。すごい・・・。」
と,すっかりクンニ大好き女子になってしまったようです。
「ひろぽんさん(僕),すごいギンギン・・・挿れてもいいよ?」
と,言われましたが,さすがに処女はもっと大事な人とするのがいいんじゃない,ということで遠慮させて頂きました(笑)
 残りの時間は,裸でイチャイチャしながら他愛もない話をして,のんびりした時間を過ごしました。初めてのクンニってすごく大事で,それが痛かったりするとクンニ嫌いになってしまったりするものです。正しいクンニ,大事ですね。

クンニ掲示板で出会った超敏感ドMなアパレル女子にクンニした話

 本日はドMな女子にSっ気を出してクンニをたっぷりした話です。たまにはSにもなります。僕はニーズに合わせたクンニを提供いたします(笑)。
 さて,クンニ掲示板で出会いはしましたが,まずはご飯でもということで,夜ご飯の約束をします。待ち合わせ場所は彼女の希望に合わせ,少し遠目の場所にすることになったので,電車でトコトコ向かいます。待ち合わせ場所は人もまばらなローカル駅で,すぐに彼女を発見できました。アパレル女子だけあっておしゃれな感じの佇まいです。
 まずは近所のごはん屋さんに行き,ご飯を食べながら色々な話を聞いていきます。どうやらかなりのドMらしく,これまで様々なプレイをしてきたそうです。命令されたり,強く噛まれたり,精神的にも肉体的にもいじめられると興奮して心が満たされるとのことです。
 僕は激しいSは不得意というか,やりませんが,優しいSなら得意です。そのことを伝えると
「たくさん恥ずかしい格好でいじめて欲しい・・・。」
と,早くも少しエロモードになってきています。
 お店を出て,ホテルへ向かいます。途中で彼女が尿意をもよおしたようなので,
「ちゃんと我慢して。ホテルに着いたらおしっこ出る恥ずかしいところ見てあげるからね。」
と,伝えるとM心を刺激したようで,
「はい・・・お願いします・・・。」
と,とろりとした目で見つめてきます。
 ホテルに着き,約束通り早速トイレで放尿をしてもらいます。
「ちゃんと脚を広げて出るとこをちゃんと見せるんだよ。初対面の男の前でおしっこ出るところ見られて嬉しい?すごいエロい顔になってるよ。」
と聞くと,
「はい,嬉しいです・・・!」
と恥ずかしいくらい大量のおしっこを勢い良く出し始めました。脚を開いて自分の指で拡げるように命令したので,出るところがはっきりと見えます。
すでに少し濡れ始めているようで,本当にMっ気があるようです。
 シャワーを浴びて,プレイを始めます。乳首を少しいじっただけでビクッと反応がすごいです。
「乳首敏感すぎるんだね?変態丸出しだよ。ちゃんともっと胸張って。たくさん舐めてあげるから。」
と,胸を張らせてツンと立った乳首をゆっくりと舐め回します。本当に敏感なようで,舐めるたびに全身を震わせ完全なM顔になっています。散々言葉責めをしながら,乳首を舐め回していたため,彼女は半分イッたように荒い息をしています。さんざん焦らした後に,
「次はどこを舐めてほしいの?ちゃんとどんな風に舐めてほしいかも言うんだよ?」
と聞くと,
「◯◯(名前)のビチョビチョになった汚いおまんこを激しく舐めまわして欲しいです・・・。」
と恥ずかしさに真っ赤になった顔でいやらしい言葉を発します。いよいよクンニの開始です。まずは普通にクリを中心に攻めます。乳首以上に下も敏感なようで,下から上へ舐めあげる時などは,叫ぶように喘ぎ声をあげています。
「隣に聞こえちゃうから静かにして。」
と,ビショビショのシミがついた彼女の下着を口に突っ込み,静かにさせます。その行為にむしろ興奮したようで,一層息が荒くなり,全身性感帯のような反応になっていきます。
「おもちゃも使う?」
と聞くと,
「おもちゃはちょっと苦手かも・・・。」
ということだったので,とりあえずおもちゃはやめることに。僕は嫌なことは無理強いしません。
 四つん這いで後ろから舐めたり,マンぐり返しをして,舐めている所を丸見えにしたり,シックスナインで丸見えな状態で舐めたり,色んな恥ずかしい体勢で舐め続けます。彼女自身に指でおまんこを開かせ,クリを舐めあげたりもします。もうヌルヌル過ぎてわけがわからない状態です(笑)。何度も絶頂を迎えているようで,
「またイッちゃったの?ほんと変態な体だね。」
と,いじめるたびに興奮してまたイキやすくなっているようです。
 そのままおちんちんを求められたので,挿入を行います。僕は割と大きいと言われるのですが,そんな大きいものを挿れられると想像しただけで,彼女のM心はめちゃくちゃ興奮していたようです。挿入されると支配されるようで,とても興奮するそうです。
 挿れている最中も震えるように何度も絶頂を迎えています。時折,
「噛んで・・・肩の部分思いっきり噛んで・・・。」
と,言うので,思いっきり噛んであげるとその痛みで興奮して全身をガクガクさせます。よくわかりませんが,気持ちよさそうで何よりです(笑)。
 たくさんイッた後,僕も気持ちよくなり長期戦が終わりました。たまにはSになってみるのも良いものですね^^